クレジットカードでの決済時に必要

クレジットカードを発行するときに、暗証番号を設定します。
4桁の数字で他人に推測されにくいようにしなければなりません。

クレジットカードの暗証番号は、ショッピングの時に必要になります。
クレジットカード決済をすると、サインを求められます。
このサインの代わりになるものが、暗証番号です。
ICチップが搭載されているクレジットカードなら、サインではなく暗証番号での決済が可能です。
端末に暗証番号を入力して確定ボタンを押せば、決済完了となります。
最近はICチップ搭載型のクレジットカードが増えており、暗証番号で決済をする加盟店も増えているように感じます。
サインをするのが煩わしいのがクレジットカードの難点と感じている人は、暗証番号での決済がおすすめです。

ただICチップ搭載のクレジットカードだからといって、必ず暗証番号で決済をしなければならないことはありません。
従来通りのサインでも、決済は可能です。
加盟店で「暗証番号の入力をお願いします」と言われても、「サインにしてください」と言うこともできます。
加盟店によっては最初から、「暗証番号とサインのどちらにしますか」と聞いてくれることもありますので、好きな方を選択してください。

      クレジットカードのことで悩んだら「クレジットカードの達人

ページトップへ戻る